チアミンの技法書レビューとお絵かき講座紹介

漫画、イラスト系技法書の簡単なレビューサイト。他に漫画制作やイラストを描く上で役立ちそうな本や情報等を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2010年08月17日

★【レビュー】 人体のデッサン技法

人体のデッサン技法
書籍名:人体のデッサン技法
著:ジャック・ハム
出版社:嶋田出版
ISBN-13:978-4767985039


■本の紹介
ルーミス先生についで人気(?)のジャック・ハム先生による
人体デッサン技法書です。

<レビュー>
■挿絵
挿絵はデッサンもしっかりしていてクオリティは高いですが
全体的に人物の服装や髪型は古臭いです。
さすがに30年以上前に書かれた本なので時代を感じます。
それと人物は全員外国人です。


■主な内容
○頭部の描き方について。
目、鼻、口などの顔の造作の描き方や、濃い色の髪や明るい色の髪等
髪についての描き方、男性と女性の頭部や横顔の違いや描き方について
解説されています。

○人体の描き方について。
腕の動きと人体のプロポーションや身体の線の延長で作られる基本形などの
全身描写の基本についてや、トルソー(胴体)と腕、脚のつなぎ方
面と立体感などの全身描写の原則、その他には首や肩、手足や
腕、脚についての描き方について解説されています。

○衣服の描き方について。
簡単なシワと克明なシワ、陰影の付け方等主にシワの描き方について
解説されています。


■注目点
T字型の原則の所ですね。
ちょっと文章だけでは分かりにくいと思いますが、T字型の原則とは
身体の輪郭線の中にはT字型になる部分があり、そのT字の縦線は
必ず横線の下にもぐりこむ形になるものらしいです。


■感想
コンパクトに纏まっていて分かりやすい本だなと言うのが第一の感想です。
目や耳などの描き方の手順や手足の骨や筋肉のどこが引っ込んでいたり
出っ張っていたり等、人物画を描く上でのコツが結構細かくそして
分かりやすく解説されていて、勉強になる所が多いです。
解説文が分かりやすい分、ルーミス先生のやさしい人物画より
やさしい本だと思いました。


■この本が向いている人
人物デッサン初心者。
やさしい人物画が肌に合わなかった人、難しいと感じた人。




関連記事

スポンサード リンク


[ 2010/08/17 19:20 ] ★書籍 人物画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。