チアミンの技法書レビューとお絵かき講座紹介

漫画、イラスト系技法書の簡単なレビューサイト。他に漫画制作やイラストを描く上で役立ちそうな本や情報等を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサード リンク


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2010年07月26日

★【レビュー】 スーパーデッサン人物2

 
スーパーデッサン 人物〈2〉基本動作篇■書籍名:スーパーデッサン 人物〈2〉基本動作篇
■著:鶴岡 孝夫
■出版社:グラフィック社
■ISBN-13:978-4766111590






<レビュー>
■挿絵
前回のスーパーデッサン1に比べると全体的に絵のクオリティが高くなっています。
デッサンもしっかりしていて、陰影もよく描き込まれていて絵がリアルです。

■主な内容
○衣服の表現について。
衣服の質感をシワで捉えようと言うことで
レンゲ、鎧、波、引き、カーテン、蛇行、山ジワ等の
シワの性質について解説されています。

○新ウリウオ人間で人体を描くコツ。
スーパーデッサン1で書かれていたウリウオ人間を
スーパーボックスに当てはめて描いて
色々な角度から人体を描く方法について解説されています。

○歩く動作を描くコツ。
歩行時の手足の形や二足歩行の法則について解説されています。

○日常動作を描くコツ等について。
階段の昇降や、振り向き、拾い上げ等の
いくつかの日常動作を描く上でのポイントが解説されています。


■注目点
この本の注目はシワの描き方についてと新ウリウオ人間ですね。
この本によるとシワはレンゲ、鎧、波、引き、カーテン等の
いくつかの形状からなると描いてありますが
確かに衣服などのシワを良く見るとそのような形になっていて
シワを描く際には勉強になると思います。

もう一つの新ウリウオ人間は前巻のウリウオ描法を発展させたもので
今巻はアオリやフカンを描くコツにも触れています。


■感想
シワについての解説が意外と充実していたので
個人的にはシワについて結構勉強になりました。
歩行時のシワのつき方についてはこの本を読めば大体
理解できるのではないかと思います。


■この本が向いている人
衣服のシワの描き方について勉強したい人。
歩行などの動いている人間を上手に描きたいと思っている人。

■関連記事
スーパーデッサン 人物〈1〉顔・からだ篇
関連記事

スポンサード リンク


[ 2010/07/26 22:19 ] ★書籍 人物画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。